Shin Ikeda Exhibition
池田 慎展「屋根つき商店街」(原案 ゴーあや)

2009年5月17日(日)〜5月31日(日) 12:00〜18:00(水・金休廊)

東京在住の方が、「大阪は小さな商店街にもアーケードがついていて驚いた。」と言う。それが普通だと思っていた僕は、それに驚くことに驚いた。
普通のことが特別だったり、特別な事が普通だったりする。それは元々、特別なことなのかもしれない。
屋根は大切なモノを守っている。

池田 慎



池田 慎展ご案内

初めて池田の作品に接した時アイディアの奔放さ、斬新さに目を見張った。ごくごく日常の生活の中で人が見過ごしている些細なことを、子供のような遊び心でアートの文脈に取り入れる能力に長けていると思えた。
今回のテーマ、「屋根つき商店街」にして、そうである。 池田の言葉。「東京在住の方が『大阪は小さな商店街にもアーケードがついていて驚いた。』と言う。それが普通だと思っていた僕は、それに驚くことに驚いた。」この東京人の大阪のアーケードの屋根への「驚嘆」から作品が出来たのである。   
価値基準の違いによって普通のことが普通でなくなり特別なことが普通になる。池田の思考は目ざとくそのギャップを捉え、普通に、あたりまえに、日常存在するものを再構成し、人に新たな可能性を目覚めさせるのである。
作家をカテゴライズするのは本意ではないが、池田の作品は美術批評家の松井みどり氏の唱える「マイクロポップ」の理論を髣髴とさせる。大阪の泥臭さを纏っ
た新しいスタイルのアーティストであることには間違いない。

コンテンポラリー アート ギャラリー Zone 代表 中谷 徹


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61