Ayame Hashimoto Exhibition,"World 30×30"
橋本あやめ展「World 30×30」

2010年5月15日(土)〜25日(火)12:00〜18:00(水・金休廊)
アーティストトーク5月22日(土)午後5時〜6時



それは空想と現実の波打ち際に
太陽の光を集めて
幻のように出現した10の世界(テン・ワールド)


コンピューターの進化は仮想と現実との距離をますます縮めていきます。
3D映像が家庭と言う生活空間に入りつつある現在、夢や空想の世界は、バーチャルリアリティの名の元に、ますます現実感あふれる世界に生まれ変わっていきます。

そんな時代にあって、私は全く逆の方向での制作を目指しています。
決してリアリティを求める事なく、記号化された風景として表現する事で、自身の夢や空想を具現化してきました。

それらは、現実と正面から向かい合うことによって生まれた作品ではなく、並外れた空想力や修練によって練り上げられた結果でもありません。私の作品は意識的に現実から目をそらし、空想と現実のせめぎあう波打ち際で、ふと出現した幻のように、あやふやなバランスの上になりたつ白日夢の様な作品といえます。
思えば、私たちはかって、人生のある時代に確かにそんな波打ち際で遊んでいた経験があります。
そんな懐かしい記憶がよみがえれば、よいと思います。

素材は板切れや針金、チラシの切り抜きといった、身の回りのごくありふれた物を使用します。
日常において、ちょっと目線を変えるだけで、些細な事が小さな感動に生まれ変わります。

パートナーの橋本修一と続けている「地球に落ちているプロジェクト」からスタートしたこれらの考え方は私の制作活動の基本スタンスだと考えます。



作品鑑賞マニュアル

今回の作品は、30×30cmで切り取られた、独立した10の世界です。
空の中に逆さまに存在する羽根のある塔は、空と地上の世界をつなぐ架け橋です。
空という空間から世界を見おろし、それぞれの世界に入っていく為の10のエピソードを用意しました。しかし、それはあくまでプロローグにすぎません。そこには現実世界を表現したジオラマのような一定のスケールはありません。観客は自分の身長のスケールを自由に設定しその世界に入っていきます。また、そこには押し付けられたストーリーは存在せず、それぞれの世界での物語は観客が自由に思い描けばよいでしょう。
作品を見る順序、角度、立ち位置は観客にゆだねられ、旅人や観光客、あるいは出演者になり、独自の物語を思い描きながら順番のない絵本を開くように、鑑賞していただくのが正解だと考えます。

橋本あやめ


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61