Vallo Riberto Exhibition, "Muddy Waters"
お知らせ

開催が遅れておりました、ヴァローリベルト展「Muddy Waters」は、展示が完了いたしました。
ご高覧をお待ち申し上げます。



ヴァロー リべルト展「Muddy Waters」

9月21日(土)〜10月3日(木)12:00〜18:00(水・金休廊)


アーティスト ステートメント
この展覧会のタイトル、「泥水」はアメリカのブルースシンガー、マディウォーターズ(泥水)から借用している。私自身、1962年にニューヨーク近代美術館(MoMA)の中庭で、マディウォーターズ(本名、マッキンレー モーガンフィールド)のライブがあった時、彼に会っている。

マディウォーターズの音楽は、アメリカ大衆文化に多大の影響を与えた。彼の歌フーチーコーチーマン(黒人のスラングで精力絶倫男のこと。フーチーは男性器、クーチーは女性器のことで日本語のニュアンスではチ〇コマ〇コ男と言ったところだ。)には縁起担ぎのオブジェが歌詞に歌われている。それは、「ジョンザコンカラールート」という物だ。その名前や言葉の意味、象徴するもの、その図像などをこの展覧会では参照し、「縁起物」として展示している。

アフリカから奴隷としてやってきた人たちや、商業取引に従事する人々によってもたらされた「ジョンザコンカラールート」や「ハイジョンザコンカラールート」は、お守りやまじない札のようなものだ。幸運をもたらすお守りとして首にかけている。ほかにも様々な効能があるようだが中でも、性的な力があると言われている。
(ヴァロー リべルト)


Muddy Waters
The title of this exhibition, “Muddy Waters” is borrowed from the American blues singer of the same name. I met Muddy waters in the court yard of the Museum of Modern art in New York City, when he gave a performance in 1962 (his real name was McKinley Morganfield)
Muddy Water’s music had a profound influence on American popular culture. His song, ‘Hoochi Coochie Man’ has a line in it about his ‘Engimono’
That is called ‘John the Conqureror root’ and it is to this name and it’s meaning, its symbolism and iconography that this exhibition references and pays tribute to.
A John the Conqureror root or a High John the Conqureror root is a power talisman or charm that came to America from Africa with the slave. trade, and was worn around the neck for good luck toward a variety of applications including sexual power.
(Vallo Riberto)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61