Mitsuko Koizumi Exhibition
小泉光子展「気モチマーケット」(二面性シリーズ)

6月14日(土)〜6月26日(木) 12:00〜18:00(水・金休廊)
アーティストトーク:6月21日(土)午後4時〜5時


アーティスト・ステートメント

Zoneさんで2回目の個展を開かせていただくことになりました。
前回は個展準備中にガンが発覚。手術2日後には東北大震災が起きました。
そのショックは自分の病気を遥かに越えたものでした。
そして自分にできることをしようと手術入院中にも制作し、抗ガン剤入院の前に搬入。
個展中は入院で在廊叶わず、梶山さんには計り知れずお世話になり、見ていただいた皆様から励まされ、どれだけ力をいただいたかしれません。ありがとうございました。
私はその後抗ガン剤治療を断続的に続けながら生きております。

今回のタイトルは「気モチマーケット」。マーケットという発想は阪急桜井市場にあるZoneさんでこそのものですが、気モチとは私が今制作する上で一番重要に思っていることなのです。
単純な行為から生まれる私の作品は美術という高みに登るのではなく、現代美術という美術の異次元にむしろ平行移動していき、その存在の根本はモノではなく気モチなのです。作品にこめた私の気モチをならべます。

作品は昨年暮れから取り組んでいる、1つの行為で2つの作品ができるシリーズです。これを私は「二面性」と名付けました。線を引く時、色を塗る時、2つのものを同時に作るには仕組みが必要となります。そこに表れる2つのモノは二面性を表し、その二面性は多面性の一種ではありません。1人の人間の人生をその人間本人の目から見る時と、他者から見る時と、そこには多面性が存在するのではなく二面性だけが存在すると考えます。なぜなら私とあなたが、あなたと私が、当人であり、他者であるからです。
昔から既製品を使った作品が多い私ですが、今回もすでに存在している物体を物語性を持たせるために用いようと思っています。キャンバス作品にも取り組みます。キャンバスも1つの既製品として物語性を持たせてみたいと取りくんでいます。「気モチマーケット」開店へ向けてきりきり舞いでがんばります。お楽しみに!

(小泉光子)


2011年「小泉光子個展」:http://www.art-gallery-zone.com/zone/exshib3/koizumi.htm
小泉光子プロフィール:http://www.art-gallery-zone.com/zone/artist/koizumi.htm

小泉光子展によせて―ギャラリーがギャラリーであること(中谷 徹):http://www.art-gallery-zone.com/news.htm
気モチマーケット+VERSEAU pop-up shop at Contemporary Art Gallery Zone




現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61