Maca Matsu Solo Exhibition “Survival Category”
魔可多宮ナツ個展 「生存カテゴリー」

コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、魔可多宮ナツ個展 「生存カテゴリー」を開催いたします。
魔可さんは、自身が安心して生存できる宇宙を自らの手で紡ぎ出します。その宇宙空間から自分自身を垣間見ながら、自分が何者なのか問いかけています。その宇宙での生存競争に打ち勝つために、必死に妄想を巡らせます。自ら創出した宇宙に生き、戦い、遊ぶ「宇宙人」なのです。宇宙人が描く世界を是非ご高覧ください。

6月30日(土)〜7月17日(火)、木金休廊、12:00〜18:00
アーティストトーク&パーティー(カンパ制):7月14日(土)15:00〜18:00
*7月7日(土)に予定しておりましたアーティストトーク&パーティーは、大雨による交通機関等の状況により延期し、7月14日(土)午後3時〜6時に開催いたします。

生存カテゴリー
魔可が生きて行ける、生存出来るカテゴリーという意味です。
カテゴリーに縛られたくない、でも縛られている…
自分のカテゴリーの中でないと、生きて行けないし、生存出来ないのです。
生存カテゴリーの中の世界で、魔可は宇宙人であったり、幻であったり、妄想であったりして生きている。

魔可多宮ナツ(Maca Natsu)
2010 「涙が絡みあう時 宇宙と異型2人展」 Studio Piece Dance 大阪
2012・2013 「夏色の目眩展」 art labo Noct 東京
2012〜2018 「第2回〜第8回クロマニンゲン展」 鹿児島市立美術館
2017 「世界民族祭アートエキシビジョン」 紀美野町文化センター 和歌山
2018 「グループ展 PRISM 2018」 コンテンポラリーアートギャラリーZone 大阪
2018 「妄想ファクトリー」 Galeria Punto 兵庫

*案内に掲載の作品は、
「ZOMBIE」2018年 
F8 キャンバス、アクリル絵具、ヘアカラー剤、ゴム手袋 


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61