Carlos Richardson Exhibition, "Helix Series"
カルロス・リチャードソン展「HELIX SERIES」

6月13日(土)〜6月25日(木)、12:00〜18:00(水・金休廊)


へリックス山の頂には十字架のモニュメントがある。そこは私の家からさほど離れておらず、時間の経過とともに刻々と変化している十字架の表情を、毎日目にできる。
十字架をテーマとして撮影をはじめ、数か月が経過した頃、私は、その色彩、質感、形態、線、これらのお互いの関係性に、興味を抱くようになった。イメージを切り取ったり、画面全体を調整したりして構図を決めているうちに、十字架が宗教的な象徴ではなく、抽象的な立体物へと、さらに逆行するかのように次第にイリュージョンが消滅し平面へと、光と色彩により還元されてきた。イメージがより抽象的に捉えられるに従って、その形態はより平面へと変質していった。これにより、その表層の色彩や明暗の諧調は、写真というよりも、より絵画や版画のそれに近づいてきた。
これらの作品は、イエール大学時代に教わった、ジョゼフ・アルバースの作品、「正方形賛歌」や「ヴァリアント」の連作に影響を受けている。また、クロード・モネの「積みわら」が、屋外での季節、空気、色彩の変化にテーマを求めている点が、私と同じで共感を抱いている。
(カルロス・リチャードソン)


*写真の作品は、「HELIX SERIES」写真、紙


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61