Group Exhibition, “PRISM 2017”

グループ展PRISM 2017

3月25日(土)4月6日(木)、12:00〜18:00、水・金は休廊
アーティストトーク&パーティー(カンパ制):4月2日(日) 午後3時〜6時

参加アーティスト:今井友恵、アナ・オケイン、篠裕子、嶋田ケンジ、竹中大悟、レスリー・ニモア、藤飯千尋

 
 コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、例年、3月の末から4月の頭にかけて、年初の展覧会を開催する。それがグループ展PRISMだ。
 プリズムとは、言うまでもなくガラスで出来た三角柱のことだが、様々な波長の光を含んだ白色光を分光し多様なスペクトルに分ける働きがある。本展では、プリズムによって映し出される7色(便宜的に虹色)にちなんで7名のアーティストを招待する。 この展覧会は、プリズムとしてのZoneが、「白色光」でもあるホワイトキューブの空間にそれぞれのアーティストのスペクトルを映し出すのを目的としている。それが、本来の展覧会名の命名趣旨でもある。
 今年は、アートウォークの開催年にも当たるが、「白色光」といえば前回のアートウォークでのパーフォーマンス「白い光」が想起される。7世紀の中頃、役行者が白い光に導かれて箕面山を訪れたという伝承をもとに演出されたそうだ。またある話では、役行者は「五色の彩雲」を求めて箕面山を訪れたともいわれている。彩雲とは雲に含まれる水滴がプリズムの役割をして、日光が回折することによって生じたものだ。
 グループ展PRISM2017では、「白い光」を五色に分光、いや七色に分光し、「七色の彩雲」を発生させる。アートウォーク大吉兆の前触れとなることを願って。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61