NEWS


みのお・秋まつり「瀧道まるごと美術館」ボランティアサポーター大募集!/2010/08/30
昨年好評だった「橋本亭まるごと美術館」。今年は会場を、橋本亭、梅屋敷、箕面公園昆虫館の3箇所に拡大し、「瀧道まるごと美術館」として開催いたします。
http://www.m-waiwai.com/hashimototei/bijyutsukan/bijyutsukan10.html

そこで、会場での案内や作品展示などをお手伝いくださるボランティアサポーターを募集しています。
.灰鵐札襯献紂展示会場にてお客様の誘導や作品の説明などをしていただきます。
          アート展の顔となってお客様に接していただける方を募集します。
▲◆璽謄ストサポート:アーティストと共に作品の展示や撤収などをお手伝いくださる方を募集します。
               アーティストのこだわりを間近に見られるチャンスです。

他にも「みのお・瀧道 秋まつり」では、こんなサポーターを募集しています。
L邀哀僖侫ーマンスサポート:子供たちと一緒に大空の下で元気一杯に動いてくださる方を募集します。
す報サポート:イベントのPRや記録など、イベントを盛上げる重要な役割です。ビデオやカメラに詳しい方、大歓迎です。

*サポーターの方には様々な特典をご用意しています。

説明会:9月4日(土)PM2時〜4時、橋本亭2階「清流の間」にて。
     *事前にお申し込みの上お越しください。

詳しい情報とお申し込みはこちらから。
http://www.m-waiwai.com/shiki_event/boshu.html

興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
080-3106-3177 コンテンポラリーアートギャラリーZone 梶山まで



谷口 新 展"A VOICE OF CAVITY"/2010/08/19
コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、今年第7回目の企画展として、8月16日より谷口 新 展"A VOICE OF CAVITY"を開催しています。

谷口氏は、2002年から一貫して a voice of cavity というタイトルで作品を発表してきました。cavity とは、ちょっとした"くぼみ"の意味です。
ミニマルな映像と言葉により表現しています。

Zoneの企画展では、初めての映像作品。

8月29日(日)まで。水・金は休廊、12:00〜18:00。
アーティストトーク:8月21日(土)17:00〜18:00

ご来場をお待ちしています。

<Shin Taniguchi Exhibition "A VOICE OF CAVITY">


アーロン モスコウィッツ展“Glimpses of Order”開催中/2010/07/28

コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、今年第6回目の企画展として、7月25日よりアーロン モスコウィッツ展“Glimpses of Order―かいまみえる秩序”を開催しています。

アーロンさんは現在、アメリカ ニューメキシコ州を拠点にアーティストとしての活動を展開されています。
色鮮やかな雑誌や広告の切抜きを、画面の上で水平、垂直に並べることにより、都会の雑然とした状態に秩序を与え、社会のダイナミズムを表現しています。

8月8日(日)まで。水・金 休廊、12:00〜18:00
アーティストトーク:7月31日(土)17:00〜18:00

ご来場をお待ちしています。

<Aaron Moskowitz Exhibition "Glimpses of Order">


やたみのり展“或る日の午後”開催中/2010/07/13

コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、今年第5回目の企画展として、7月8日より、やたみのり展“或る日の午後/ONE AFTERNOON”を開催しています。

Minoriさんは、これまで彫刻、インスタレーション、パフォーマンス、音楽、詩と、幅広く作品を発表してきました。
今回の作品は、彼女のアーティストとしての生き様をプライウッドにコラージュしています。

7月20日(火)まで。水・金 休廊、12:00〜18:00.
アーティストトーク:7月17日(土)17:00〜18:00

ご高覧をお待ちしています。

<Minori Yata Exhibition "ONE AFTERNOON">


「やた みのり コラージュ教室」開催のお知らせ/2010/07/07
―あなたの「思い出」がアートに!―
Zoneでの展覧会のために来日中のアーティスト、やた みのりと共に、あなたの「思い出」をテーマにしたコラージュ作品を作ります。

日時:7月14日(水)、午後1時〜3時
会場:コンテンポラリーアートギャラリーZone
参加費:3000円(材料費、額代込み)
定員:10名(先着順)

ご用意いただく物:
思い出の写真(コピー)、絵葉書、切符、パンフレット、タグ、好きな紙や布、包装紙、雑誌、チラシ、リボンなど作品に使いたい物。
のり、ボンド、ハサミなどの道具。

申し込み方法:お電話をいただくか、GALLERYのページよりメールにて、お名前、連絡先を明記の上お申し込みください。
連絡先:電話080-3106-3177(Zone)、またはGALLERYのページのCONTACT(メール)をご利用ください。

あなたの参加をお待ちしています。


木原真男展“Images”/2010/06/16

コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、今年第4回目の企画展として、6月13日より木原真男展“Images”を開催しています。

これまで文字を使った作品を発表してきた木原氏が、今回は自分の内にわき出るイメージを形にしたと言います。
変貌した木原氏の作品は、見る者の想像力をかきたてます。

6月26日(土)まで。水・金 休廊、12:00〜18:00。
アーティストトーク:6月19日(土)17:00〜18:00

ご来場をお待ちしています。

<Masao Kihara Exhibition>


橋本あやめ展“World 30×30”/2010/05/19

コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、今年第3回目の企画展として、5月15日より橋本あやめ展“World 30×30”を開催しています。

あやめさんはイラストレーターとして活躍される傍ら、制作活動を続け、グループ展で多数発表されてきました。
個展は今回が初めて。
橋本あやめの、空想と現実の波打ち際に出現したという10個の世界を、ぜひご堪能ください。

5月25日(火)まで。水・金は休廊、12:00〜18:00。
アーティストトーク:5月22日(土)17:00〜18:00

ご来場をお待ちしています。

<Ayame Hashimoto Exhibition "World 30×30">


メアリーマゲーリ展“女性と少女”/2010/04/14

コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、今年第2回目の企画展として、メアリーマゲーリ展“女性と少女”を開催しています。

メアリーさんはカリフォルニア州立大学フレスノ校の名誉教授であるとともに、アーティストとして長年にわたり国内外で作品を発表されてきました。また、フェミニストアートの先駆者であるジュディシカゴと交流を持ち、フェミニストムーブメントの端から関わったアーティストです。

「女性と少女」のシリーズは、ギザギザの形をした手漉きの紙に女性のイメージの写真などをコラージュし、その上に鮮やかな色彩を施しています。

4月22日(木)まで。水、金は休廊、12:00〜18:00。
ご高覧をお待ちしています。

<Mary Maughelli Exhibition "Women and Girls">


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61