NEWS


第1回アートサロン in Zone (CLA主催)「その景色の向こう側」/2013/03/09
売れる作品がいい作品なのだとしたら、売れない作品はよくない作品なのでしょうか? 
貧しい暮らしを余儀なくされる芸術家は、「好きなことをしている」のだから貧しさに甘んじなければならないのでしょうか? 
作品は何を規準に評価されるのでしょうか?

美術ジャーナリズム、アカデミズム、マーケットの問題を俎上に上げ、まるで自明であるかのように意識に侵入してくる価値観の来歴を解きほぐすことで、ひずみを乗り越える上での課題について考えてみます。そこから、私たちの創造性が解放される世界をともに展望してみましょう。(京谷裕彰)


今の日本、特に関西のアーティストを取り巻く状況と未来への展望を語り合いたいと思います。
ゲストは多くのアーティストからの信頼を得る批評家、京谷裕彰さんです。
桜井市場の人気店、menu さんの美味しいお料理と、ワインをご用意してお待ち申し上げます。

日時:2013年3月23日(土)午後6:30〜8:00(グループ展PRISM 開催中〜午後6時)
会場:コンテンポラリーアートギャラリーZone
主催:CLA(芸術振興市民の会)
協力:コンテンポラリーアートギャラリーZone

定員:10名(先着順)
参加費:2000円 *簡単なお料理とワインを用意いたします。
参加申し込み:Zoneまで、電話かメールでお申し込みください。
☎080-3106-3177
✉このホームページのGALLERY→CONTACT<mail> *お名前、連絡先を明記してください。

京谷裕彰(きょうたに ひろあき)
1972年生まれ。詩人・批評家。ロマンチストかつシュルレアリスト。社会的に認知されにくい同時代の芸術家の仕事と、美術史・美学・哲学・現代思想の流れとの間に通路を拓き、批評的にバックアップすることを目的にブログ「亰雜物的野乘(きょうざつぶつてきやじょう)」を更新中。現代美術の普及と批評空間の再生を目指す。現代詩雑誌『紫陽(しよう)』元編集発行人(2003年〜2011年)。糸井貫二(ダダカン)師の近況を記録した映画『ダダッ子貫ちゃん』(竹村正人監督,2011年)に出演。


Zoneテーマ展「AGING」開催中/2012/12/26
コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、12月20日(木)より、Zoneテーマ展「AGING」を開催しています。

エイジング(老化)をテーマに、日米20人のアーティストが作品を発表しています。20のヴァリエーションをお楽しみください。

12月29日(土)まで、12:00〜18:00。
28日(金)は休廊。

ご来場をお待ちしています。

<Zone Theme Exhibition, "AGING">


artscapeに、しまだそう個展「0≒Be式」のレビューが掲載されています。
artscapeレビューで、しまだそう個展「0≒Be式」が紹介されました。Zoneのロケーションと空間の個性にもふれられています。
http://artscape.jp/report/review/10066499_1735.html


「オリジナルのコラージュカードを作る」講習会のご案内
「切って! 貼って! コラージュカードを作りましょう」

もうすぐクリスマス。
今年はいつもとひと味違うカードをたいせつな人へ贈りませんか。

コラージュとは、さまざまな素材を選んで、切って、貼って、ひとつの世界を創り出す手法です。
おうちに素敵だなと思って取っておいた素材たちが、眠ったままになっていませんか。
雑誌の切り抜き、包装紙やリボン、さまざまな素材を使って、世界でたった1枚のカードを作ってみましょう。

コラージュの愉しさをお伝えします。

日時:2012年12月15日(土)13:00〜15:30
場所:コンテンポラリーアートギャラリーZone
講師:山本佳世(コラージュ作家)URL http://www.k2.dion.ne.jp/~kayo_co/
参加費:3,000円(材料費込み)
参加人数:8名まで(先着順)

持ってくるもの:コラージュの素材に使えるものなら何でも。
   例/雑誌・レースペーパー・包装紙・英字新聞・切手・マスキングテープetc…
   (こちらでも素材はご用意いたしますが、ご持参いただくことで、より個性的な作品に仕上がります。)
道具:ハサミ・スティックノリ・カッター・あればピンセット

主催:NPO法人芸術振興市民の会(CLA)
協力:コンテンポラリーアートギャラリーZone
お申し込み・お問い合わせ:コンテンポラリーアートギャラリーZone 梶山まで
お電話(080-3106-3177)又はメール(ZoneホームページのGALERY→CONTACT)にてご連絡ください。



しまだそう個展「0≒Be式」開催中/2012/11/13
コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、11月10日(土)より、しまだそう個展「0≒Be式」を開催しています。

しまだそうさんは、自立した物ではなく、重なった層の中でのモノ(人)とモノの関係性を描いています。

11月22日(木)まで、12:00〜18:00(水・金は休廊)
アーティストトーク:11月17日(土) 午後4時〜5時

ご来場をお待ちしています。

<So Shimada Exhibition>


「箕面の森アートウォーク2013」への協賛のお願い/2012/11/04
「箕面の森アートウォーク2013」では、昨年同様公式ガイドブックを制作し、参加アーティストと作品の紹介、アートのテーマや会場の情報など日本語と英語でお伝えいたします。
このガイドブックをはじめイベント開催にかかる費用は、すべてボランティアの方々のご協力と皆様のご厚意により支えられています。
つきましては、ガイドブックへの協賛広告、並びに個人協賛へのご支援を賜りましたら幸いに存じます。
◆ガイドブックへの協賛広告+公式ホームページにバナー表示とリンク/5000円より
◆個人協賛(サポーターとしてガイドブックにお名前を記載致します)/1口1000円より
*ご協賛をいただいた皆様には、ガイドブック(完成後)と「箕面の森アートウォーク2013」オリジナル缶バッジを差し上げます。
*詳細についてのお問い合わせ、協賛のお申し込みは、コンテンポラリーアートギャラリーZoneにて承ります。
「箕面の森アートウォーク2013」を応援してください。何卒ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


「箕面の森アートウォーク2013」来年夏に開催決定/2012/11/02
コンテンポラリーアートギャラリーZoneは、2009年より、箕面・滝道でのアートイベント「橋本亭まるごと美術館」「瀧道まるごと美術館」を開催し、毎年現代アートを紹介してまいりました。
2011年には「箕面の森アートウォーク2011」として、地元の皆様をはじめとする多くの方々のご協力をいただき、その規模を広げることができました。
このイベントは大変好評で、近郊の市町村やさらに遠方の地から3000人を超える人々が訪れました。
箕面・滝道でのアートイベントを楽しみにされている多くの方のご要望もあり、2013年の夏に「箕面の森アートウォーク2013」を開催する運びとなりました。

2013年7月17日(水)〜27日(土) 箕面駅から箕面大滝に至る滝道沿いと、その周辺の施設やお店にご協力をいただき、アート作品の展示、ワークショップ、パフォーマンスなどを行います。

テーマは「つながる視点 〜Visual Networking〜」。
「つながる視点」とは、観客のまなざしとアーティストの思惑(表現)の「接点」が「視点」となり、相互に複雑に絡まり「視線」となる・・・点から線そして空間へと関係が広がることを表している。「つながり」が「つながり」を生成し、より大きな力となり、作品が、人々が、箕面の新しい物語を紡ぎだす。アートを通じて人々が集まり、何かを行い、考えることで、社会にVisual Networking (つながる視点)が生まれ、メッセージをコミュニティーに発信する事ができる。

主催:コンテンポラリーアートギャラリーZone
   箕面の森アートウォーク2013実行委員会
後援:箕面市、箕面市観光協会、大阪府池田土木事務所
協力:箕面FMまちそだて株式会社、メープルハーツ企業共同体
プロデュース:コンテンポラリーアートギャラリーZone


麻留也展「時の肖像」開催中/2012/10/19
コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、10月15日(月)より、麻留也展「時の肖像」を開催しています。

一瞬垣間見せる「花」の姿を、麻留也のことばで「時の肖像」として描き出します。

10月28日(日)まで、12:00〜18:00(水・金は休廊)
アーティストトーク:10月27日(土) 午後4時〜5時

ご来場をお待ちしています。

<Maruya Exhibition>


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61