箕面の森アートウォークフェースブック
Concept
Theme Concept
Space
Artist
Schedule
Goods
Access Map
Contributors
Staff
Archives

箕面の森アートウォーク2013
<案内チラシ PDFダウンロード>

つながる視点
〜Visual Networking 〜

A Connected Viewpoint
ーVisual Networking




 
  photo: Shuichi Hashimoto<箕面滝道 釣鐘渕付近>
 
主催コンテンポラリーアートギャラリー
   
箕面の森アートウォーク2013実行委員会
後援:大阪府、箕面市、箕面市観光協会、
   市民活動フォーラムみのお、
   公益財団法人 箕面市メイプル文化財団
協力:箕面FMまちそだて株式会社、箕面公園昆虫館、
   メイプルハーツ箕面公園管理事務所、CATBOX
助成:大乗弘照箕面芸術文化振興基金助成事業(申請中)
プロデュース:コンテンポラリーアートギャラリーZone
Organizers: Contemporary Art Gallery Zone / Executive Committee of the Minoh no Mori Artwalk 2013
Sponsors: Osaka Prefectural Gavernment / Minoh City / Minoh City Tourism Association / Civil Activity Forum Minoh / Minoh-City Foundation of Culture
Supporters: Minoh FM Machisodate Co., Ltd. /Minoh Park Insects Museum/ Mapleheart Joint Enterprise / Catbox
<a grant application has been submitted to the Daijoukoushou Minoh Art and Culture Promotion Fund.>
Producer: Contemporary Art Gallery Zone
 パフォーマンス

●7/20(土)午後1時〜3時 <雨天決行>
「あたりまえのこと」
堀尾貞治
伊左地恵子とアトリエDADAの子供達
場所 瀧安寺前広場

●7/21(日)午後7時〜8時
<雨天時は7/26金曜日に延期>
ダンス+サウンド即興パフォーマンス
「Minus ーマイナス」

場所 箕面大滝前 
Yangjah(コーディネート)
D. 佐久間新 伴戸千雅子 Yangjah
S. Christopher Fryman Jerry Gordon 長谷川敬

●7/21(日)時間午後3時〜
ダンス+サウンド即興パフォーマンス
「浅山美由紀作品とコラボレーション」Yangjah+ジェリー ゴードン
場所 梅屋敷

 ワークショップ
●「ハリガネムシ君が夢みた色や模様」
小泉光子
7/21(日)10:30〜14:30  
場所 昆虫館ロビーにて


★配布されたチラシの表示で一部変更があります。最新情報はホームページでご確認下さい。
案内チラシデータ(訂正済み)は左リンクよりダウンロード出来ます。

 
 News


 箕面の森アートウォーク2013をポスターで紹介
ポスター展「つながる視点」
デザイン 橋本修一(CATBOX)

場所 箕面大滝前ギャラリー(無人案内所)

会場の情報を中心に紹介します。
10:00〜17:00
7/21(日)パフォーマンス開催時は20:00まで

 facebookを使った参加型作品
箕面の森アートウォーク2013「PRELUDE」
酒井俊明
展示場所  ハンドメイドグッズ fuse
平日/10:00〜16:00 
土曜/11:00〜17:00(木、日定休)

 箕面の森アートウォーク2013 公式ガイドブック
アート鑑賞のお供に!
また、記念にお買い求め下さい。

A4変形44ページ オフセット印刷
販売価格 300円
デザイン/橋本修一(CATBOX)
期間中、橋本亭(箕面の森アートウォーク2013総合案内所)にて販売します。

 
 
「箕面の森アートウォーク2013」 は、7月17日(水)〜27(土)までの11日間、明治の森国定公園で開催されます。箕面は、昔から紅葉と大滝が有名で、年間を通じて200万人もの人々が訪れる北摂屈指の観光地です。

本イベントは、近年、日本各地で開催されている芸術祭とは大きな違いがあります。いわゆる過疎地の町興しのために催すものではありません。現代アートの仕掛けによって、来訪者(観客・観光客)に、展示作品を通して箕面固有の自然、歴史、文化を再確認し、新しい視点で現代アートを鑑賞していただきたいと考えています。

関西を中心に活躍している現代アーティストを招待し、阪急箕面駅から箕面大滝に至る滝道沿いやその周辺の施設や店舗などに、サイトスペシフィックアート(環境、会場空間、歴史やそこに関わる地域の人々の生活などを含んだ、場所を対象にした作品)を設置します。また、大滝前でのダンスパフォーマンスや、瀧安寺前広場での、夏休みのお子様にも楽しんでいただけるワークショップなども開催します。
 
滝道に期間限定の作品を配し、地元の人々、来訪者、現代アーティスト、そして場との関係性の中で生じる新しい視点で、風景の再発見、現代アートへの再認識そして人々の交流へと繋がる芸術祭を目指します。
 
さらに、サイトスペシフィックな作品により提示される、「滝と紅葉」だけではない新しい箕面の魅力を、様々な媒体(ホームページ、フェイスブック、ガイドブック、パンフレット、ポスター)を使って、日本語と英語で、世界に発信いたします。

 
Minoh no Mori Artwalk 2013 will be held at the Meiji no Mori Quasi-National Park for 11 days, from Wednesday, July 17 to Saturday, July 27. Minoh has been well known since long ago for its autumn leaves and waterfall. It is the most popular tourist spot in the Hokusetsu region, where two million people visit throughout the year.

This art event is different from ones held in various regions in Japan in recent years: not held for revitalizing sparsely populated regions but held for visitors to understand what contemporary art is and to appreciate it and to rediscover the Minoh nature, history and culture with a new perspective provided by the installed artwork.

Contemporary artists, who are at the cutting edge, mainly in the Kansai area, are invited. Site-specific artwork (artwork that is created taking the location, the environment, the facilities, the culture, the history and the people's life in this community into account) is installed at stores and facilities along or neighboring the Takimichi, leading to Otaki, waterfall, from the Minoh station on the Hankyu railroad. Improvised performance of sound and dance will take place in front of the waterfall and workshops, where children will have enjoyable time, are featured in the square in front of the Ryuanji-temple.

The intent of this event is to vitalize exchange between views of Minoh and contemporary art, to install artwork for a limited period, and to rediscover its landscape and the contemporary art with a new perspective acquired in the relationship among local people, visitors, artists and the space.

In addition to this, not only its waterfall and autumn leaves, but also Minoh's new attractions represented by the site-specific artwork, will be broadcast to the world in Japanse and in English via various media (facebook, homepage, guidebook, pamphlet and poster)





 
 
    INDEXへ▲